契約書へ極度額を反映させる方法①
Blog
  • 2019/12/24
    契約書へ極度額を反映させる方法①

    5.5.4のバージョンアップに伴い民法改正用の契約書をご利用頂くことができます。

     

    5.5.4にバージョンアップをして頂き賃貸借契約書を作成頂くと連帯保証人枠内に「極度額」を載せることができます。


    データ登録箇所は、部屋情報詳細画面の契約情報タブにある[入居者/保証人]ボタン内にございます。


    保証人1及び保証人2の下部にある「極度額」を設定してください。

     

    金額を入力する欄と「記載賃料の〇カ月分」など文章を入力する備考欄があります。
    両方に入力がある場合は「金額」が優先されます。

     

     

    また極度額や極度額備考が空欄の状態で「保証機関」が選択されている場合は
    契約書に「保証機関」を反映させることができます。

     


    民法改正に伴い約款も変更されております。下記URLをご参照ください。

    ≪5.5.4約款比較≫
    http://dl.dangonet.co.jp/dl_files/cmeijin/5.5.4_LeaseContract.pdf

     

    バージョンアップ前に必ずバックアップの取得をお願い致します。
    バックアップの取得方法は下記URLをご参照ください。

    ≪バックアップ取得方法≫
    https://www.dangonet.co.jp/blog/tips/20190925-295/

     

    Posted By Wakai