「空飛ぶだんご」を食べてきました
Blog
  • 2017/11/21
    「空飛ぶだんご」を食べてきました

     

    先日、厳美渓の名物である郭公屋の「郭公だんご」を食べに行きました。お金を入れて板を叩くと、お店の方がケーブルを操りカゴを茶屋へ登らせていき

    少し待つとかごにだんごとお茶が入って返ってくることから「空飛ぶだんご」と呼ばれお馴染みになったようです。

     

    訪れた日は生憎の雨模様でしたが、空飛ぶだんごを求め行列ができていました。

     

    こちらがパッケージ。

     

    中身ですが、3本入っており右からこしあん、ごまあん、みたらしでした。

    だんごが柔らかくとてもおいしかったです。

     

    少し様子を見ていると店舗に黄色い旗が掲げられていました。

    「完売です すみません」という紙が貼られた状態でかごが帰ってきたのでこれが売り切れの合図のようです。

    この日は15時くらいに売切れていました。

     

    雨は降っていましたが、アトラクション感のある購入方法、周辺の景色もきれいだったので楽しめました。

     

     

     

    Posted By T